2013年01月31日

田村訓練塾




TTC訓練早見カレンダー



こんばんは!

本日も良い天気の東松山でした(^v^)



早速ですが「田村訓練塾」についてお話します。

すでにご存じの方も多いとは思いますが、

全寮制講習 『田村訓練塾』を開塾する運びとなりました。

この田村訓練塾は、社長の念願であり、私もその想いに感化され入社した経緯があります。

どのような塾なのかは、すでに社長がオフィシャルブログにてアップしております。

田村装備開発オフィシャルブログ「全寮制講習『田村訓練塾』」

こちらをご覧になればどのような塾かは一目瞭然です。

是非ご覧ください(^_-)


社長を始め各講師が、自らが持ち得るすべての英知を、この『田村訓練塾』に注いでおります。

これからの日本のために、素晴らしい人材育成の場となることでしょう。


全寮制講習『田村訓練塾』 資料・申込書 請求アドレス

shop@tamurasoubi.com

住所 ・ 氏名 ・ 年齢 ・ 職業 ・ 電話番号

を明記の上、タイトルを『田村訓練塾 資料請求』とし、ご連絡下さい。


宜しくお願い致します。





今後の一押し訓練

2月一押し訓練

2月10日(日)09:00~17:00

戦術戦技特別訓練



エントリーはコチラ⇒ 戦術戦技特別訓練


同日18:00~21:30

ロウライト基礎特別訓練



エントリーはコチラ⇒ ロウライト基礎特別訓練


2月11日(月)09:00~17:00

野戦基礎特別訓練



エントリーはコチラ⇒ 野戦基礎特別訓練


2月23日(土)09:00~17:00

潜入戦技特別訓練



エントリーはコチラ⇒ 潜入戦技特別訓練


その他、定期訓練もガンガン開催しておりますので下記「TTC訓練早見カレンダー」をご覧ください!!


定期訓練

戦術訓練:2月2・16・24日

エントリーはコチラ⇒ 戦術基礎 & 戦術訓練


潜入訓練:2月3・9日

エントリーはコチラ⇒ 潜入訓練(ラペリング)

※各定期訓練エントリーの際は、参加日を通信欄にご記入ください。


その他、ご意見やご質問がございましたら、お気軽にお問い合わせください。


■田村装備開発ホームページ→http://tamurasoubi.co.jp/

■田村装備開発オフィシャルブログ→http://tamura.militaryblog.jp/

■TTC所在地→埼玉県東松山市大谷4145-53

■田村装備開発連絡先
 ・TEL:0493-36-1255
 ・e-mail:shop@tamurasoubi.com
  

Posted by 長田 賢治 at 19:23Comments(0)TTC

2013年01月30日

オリジナル商品(2)




TTC訓練早見カレンダー



こんにちは!
本日は、とても暖かい一日です(^-^)

このような日はとても気持ちが明るくなるもので、一段とお仕事がはかどります(^O^)/



それでは「オリジナル商品(2)」にいきます。

昨日お見せしたキャップについては最後にお話しします。


これからは、グローブの補助的役割を果たす、オーバーグローブについて説明します。

「Rapeling Over Glove Model 2」






Rapeling Over Glove Model 1をベースに、改良を加え、耐久度を増しました。

細部補強場所

■掌の部分に縫い目を入れ、革本体の強度を上げ、あわせて革のズレが無いようになりました。

■親指付け根の補強により、ロープとの摩擦に強く、耐久度が格段にアップしました。


〇Rapeling Over Glove Model 1とは、
通常のラペリング(懸垂降下)用グローブは、登山用又はレスキュー用として設計されており、既存のタクティカル向けラペリンググローブも、それらを元に設計されております。

これらは、『着脱に時間がかかる』『拳銃のトリガーが引けない』等、タクティカル専門の部隊には適さない構造であり、多くの隊員が悩んでいる事と思います。

現場に降下した際、0,1秒でも早く戦闘態勢に移る事が重要であり、弊社はその点を重視し、一瞬で脱ぎ捨てる事が可能なオーバーグローブを開発いたしました。
(サイズの大きいオーバーグローブを使用される方もいらっしゃいますが、安全面を考慮すると、確実な装着が出来た上で、素早く脱げる事が重要です。)

本製品は『CQB Tactical Glove Model 1・2、T-Ranger Glove Model 1』専用に設計されておりますので、他社のグローブで使用される場合は、ラペリング知識を有する方が、グローブの構造、革の強度等を判断し、自己の責任において行ってください。

※注意
本製品は出来る限り正確な降下を可能にする為、しなやかな革を使用しております。

熟練した方の使用を前提にデザインされているため、誤ったブレーキを行った場合は火傷を負う可能性があります。

手袋の性質上、使用頻度に応じて磨耗するため、いずれ寿命が来ます。

点検した上でご使用下さい。

本製品の使用に伴う如何なる事故も弊社は責任を負いません。

必ず、知識・技術を伴う方が点検した上で、ご使用下さいますようお願い申し上げます。

本製品は、「各種グローブ 」とはセットになっておりません。オーバーグローブ単体での販売となります。

ご興味のある方はコチラ⇒ 「Rapeling Over Glove Model 2」


次は、

「T-Ranger Hat&T-R.H用カモフラージュメッシュ」






※T-R.H用カモフラージュメッシュ装着例


※T-R.H用カモフラージュメッシュ越しの見え具合

~最新情報~
これまでのフリーサイズからS/MとL/LLの2サイズに変更しました。

◆S/Mサイズ 頭周り60cmまで

◆L/LLサイズ 頭周り64cmまで

※L/LLサイズは、素材量の関係でS/Mサイズに比べ販売価格を高く設定しております。ご理解の程、宜しくお願いします。



T-Ranger Hat & T-R.H用カモフラージュメッシュ

この「T-Ranger Hat(以下R-Hat)」は、これまでのブッシュハットとは大きく形状を変更し、実用性に富んだ仕様となっております。

このR-Hatの実用性としては、

1、視界の確保
十分な視界を確保する為、ハットのまち(深さ)を浅くし、ツバを短くしました。
この事により、樹上や高層階への視点の移動が容易となり、射撃時の照準にも影響は少なくなっております。

2、通気性
猛暑の中、行動する上で熱中症対策は最重要です。頭部の通気性を向上させることにより長期間の任務遂 行が可能となります。

3、T-R.H用カモフラージュメッシュ (別売り)
R-Hat上部にあるベルクロ(マジックテープ)はT-R.H用カモフラージュメッシュ(以下カモメッシュ)が装着できるようになっております。
森林内で小休止などの停止の際、カモメッシュにより軽易に身体の輪郭を消す事で部隊の保全能力を著しく向上させます。


その他にも各種機能を有すR-Hatは、部隊の経験則から生まれた商品であり、これからのハットの考え方を一新するアイテムになると考えます。


ご興味のある方はコチラ⇒ 「T-Ranger Hat」 & 「T-R.H用カモフラージュメッシュ」


続いて、

新商品

「TTCキャップ ブラック」



TTCキャップは、今年の4月より開塾します「田村訓練塾」で、塾生の制服として製作しましたキャップです。

ご覧の通り、カラーはブラックで、左前に弊社ロゴが入り、田村カラーのキャップです。

このような、とても良いキャップが製作できましたので、弊社に訓練にお越しになる方々やご愛顧下さっております皆様にも、是非、被って頂きたいと思い販売する経緯となりました。

多くの方に被って頂けるように、キャップの後方をベルクロでサイズ調整できるタイプとし、内側の肌が当たる部分は、汗をかいた際、不快感を押さえる生地を使用しており、長時間心地良くキャップを被っていられます。





このように、多機能に加え、田村カラーと云える黒地に赤のロゴがとても映えるキャップとなっております。

ご興味のある方はコチラ⇒ 「TTCキャップ ブラック」




今後の一押し訓練

2月一押し訓練

2月10日(日)09:00~17:00

戦術戦技特別訓練



エントリーはコチラ⇒ 戦術戦技特別訓練


同日18:00~21:30

ロウライト基礎特別訓練



エントリーはコチラ⇒ ロウライト基礎特別訓練


2月11日(月)09:00~17:00

野戦基礎特別訓練



エントリーはコチラ⇒ 野戦基礎特別訓練


2月23日(土)09:00~17:00

潜入戦技特別訓練



エントリーはコチラ⇒ 潜入戦技特別訓練


その他、定期訓練もガンガン開催しておりますので下記「TTC訓練早見カレンダー」をご覧ください!!


定期訓練

戦術訓練:2月2・16・24日

エントリーはコチラ⇒ 戦術基礎 & 戦術訓練


潜入訓練:2月3・9日

エントリーはコチラ⇒ 潜入訓練(ラペリング)

※各定期訓練エントリーの際は、参加日を通信欄にご記入ください。


その他、ご意見やご質問がございましたら、お気軽にお問い合わせください。


■田村装備開発ホームページ→http://tamurasoubi.co.jp/

■田村装備開発オフィシャルブログ→http://tamura.militaryblog.jp/

■TTC所在地→埼玉県東松山市大谷4145-53

■田村装備開発連絡先
 ・TEL:0493-36-1255
 ・e-mail:shop@tamurasoubi.com
  

Posted by 長田 賢治 at 15:09Comments(0)商品

2013年01月29日

オリジナル商品(1)




TTC訓練早見カレンダー



こんばんは!

本日は、久しぶりに社長と2人でラペリング塔に登り、撮影のための降下を実施しました!

2人でラペ塔に登るのは2年ぶりくらいで、

「懐かしいね~(^-^)」

と話しつつ、撮影を行いました。

ゆっくりと解説しながらの基礎的な降下を行いましたので、地味に堪えました(^_^;)

終わった後、ハムストリングス(ももの裏)がピクピクしており、TTCでラペリング訓練に参加している方達が、1回の訓練で20本近く降下している凄さを改めて感じた次第です!

ということで、撮影も無事終わり、ブログを書いているという訳です。



それでは「オリジナル商品(1)」にいきます。

弊社のオリジナル商品といえば、代表的なものは「グローブ」です!

こちらは、皆さんも良くご存じと思います(^_-)

田村と言えば「グローブ」という声が聞こえてきそうですが、その他にも商品はございます。

この度は、今一度、弊社オリジナル商品と現在製作中の商品をご紹介いたします。

なお、新商品もございますので、楽しみながらご覧ください!


最初に、グローブからお話しします。

弊社各種グローブは、弊社社長である田村が、これまでの経験をもとにグローブ製作会社様と打ち合わせを重ね、出来た第一弾が、

「CQB Tactical Glove Model 1」





タクティカルグローブに必要な性能は、良好な射撃が可能であり、尚且つ火や刃物、破片等から手を保護することです。しかしながら、これらの性能を高水準で両立する事は非常に困難であり、生地を厚くし安全性を高めれば使いにくい物となり、薄ければ危険を伴う物となります。これらの長所短所は、現存するタクティカルグローブの多くに言う事ができます。

 弊社はこれらを克服するため、高品質な多種の材料を組み合わせ特殊な縫製を施す事により、非常に使いやすく、安全なグローブを開発する事ができました。生地はデュポン社製のKevlarとNOMEXの2層構造とし、主に耐刃性・耐熱性・難燃性を確保致しました。
完全な防刃・防熱性を有するものではございません。又、直刃による切り付けには非常に効果的ですが、刺突や、波刃・ノコギリ刃による切り付けには、効果が減少いたします)

 射撃に最も影響を与える掌は薄くしなやかで丈夫な、日本製の牛革を使用。指先は、ロールアップ製法で縫製し、強度と射撃性の向上をはかりました。又、通常の規格のサイズよりも指の部分を若干細くする事により、トリガーガードに指が引っかかり難い構造となっております。
(使用直後はきつく感じるかと思いますが、直ぐに手に馴染むように作られております)

 人質救出における、ナイフの取り上げを想定し、指の付け根を薄い革で補強し、安全性を高めております。
 ナックルガードはステルス性及び使用感を重視し、カーボンや樹脂等は使用せず、革による補強を施しました。手首には、異物混入を防ぐためのベルト、及び、トリチウム等の発光性を有する腕時計の使用を前提に、ウォッチポケット(時計を確認する事が出来るポケット)を採用しました。
 安全性を向上させるため、グローブの丈を長くとり、末端にはずれ防止のベルトを装備致しました。
 本製品は、トリガーアクション、ステルス、近接格闘に特化した仕様となっており、CQBにおいて、最も性能を発揮できる物となっております。

※注意
本製品は革を使用しているため御使用後に濡れている場合は布等で水気を取り、風通しの良い所で陰干しして下さい。

補足
グローブは、2枚以上を交互に使用されますと、長持ちいたします。
表面がカサ付いてきた際は、皮革クリームを薄く塗っていただくと長持ちします。


■グローブサイズ表
   (1)    (2)     (3)    (4)    (5)     (6)

S  350mm  150mm   97mm   95mm  190mm   28mm

M  365mm  160mm  100mm   98mm  195mm   30mm

L  375mm  160mm  102mm  100mm  200mm   32mm

LL 385mm  160mm  105mm  110mm  210mm   34mm




ご興味のある方はコチラ⇒ 「CQB Tactical Glove Model 1」


その他のグローブは、「CQB Tactical Glove Model 1」をベースに改良が加えられ製作されました。


「CQB Tactical Glove Model 2」



国内特殊部隊員の要請によりカスタムされたモデルです。
CQB Tactical Glove Model1をもとに、
・ 丈が短い
・ ベルクロの形状
・ ナックルガードの広さ
・ 指の太さ
が変更されております。

最高品質の素材、技術で製造されております。
今までのグローブにご不満の方は、是非一度お試し下さい。
多くの現役特殊部隊員にも使用して頂いております。

ご興味のある方はコチラ⇒ 「CQB Tactical Glove Model 2」



「T-Ranger Glove Model 1」




T-Ranger Glove Model 1(以下R-グローブ)は「CQB Tactical Glove Model 2(以下CQBグローブ)」をベースに野外戦闘に特化したグローブです。

カラーはブラウンとODを基調としており、森林内でも目立ちにくくなっております。

CQBグローブに比べ厚めの革を使用し、掌側の耐久性を増しております。

ラペリング(懸垂降下)にも使用でき、試験的に70本の降下(高さ15mの懸垂降下)を実施したところ、革の擦れは確認できましたが、大きな破損個所はない状態でした。
※降下者の練度にもよります。(降下者:田村、長田)

銃器の使用に関しましては、ハンドガン(拳銃)の使用はCQBグローブより革が厚めである為、少なからずグリップの感覚が鈍くなりますが、アサルトライフル(小銃)には十分使用出来ます。

生地に関しましては、CQBグローブとは大きく変更しました。CQBグローブでは近接戦闘を主に考えておりましたのでケブラー・ノーメックスの混合の生地を使用しておりましたが、今回のR-グローブは伸縮性の高い生地を採用致しました。その事により通気性が向上し長時間の使用も快適なものとなりました。

ご興味のある方はコチラ⇒ 「T-Ranger Glove Model 1


各グローブは、公務に従事されている方からサバイバルゲームを愛する方まで、幅広い方にご愛顧を頂戴しております。

この場をお借りして、弊社グローブをご使用下さっている皆様に、感謝の言葉を述べさせていただきたく思います。



弊社各グローブをご使用くださり、誠にありがとうございます。



まだ、検討中ではありますが、新たなグローブを開発し、皆様に使って頂けるよう販売したいと考えております。

もう少し時間はかかるとは思いますが、楽しみにお待ちください。


「オリジナル商品(1)」はこれにて終了し、次回「オリジナル商品(2)」にて、その他の商品についてお知らせしますが、その前に少しだけ写真をお見せします(^_-)



次回、お話しさせて頂きます(^-^)





今後の一押し訓練

2月一押し訓練



只今、詳細作成中です。

しばらくお待ちください<(_ _)>



その他、定期訓練もガンガン開催しておりますので下記「TTC訓練早見カレンダー」をご覧ください!!


■田村装備開発ホームページ→http://tamurasoubi.co.jp/

■田村装備開発オフィシャルブログ→http://tamura.militaryblog.jp/

■TTC所在地→埼玉県東松山市大谷4145-53

■田村装備開発連絡先
 ・TEL:0493-36-1255
 ・e-mail:shop@tamurasoubi.com
  

Posted by 長田 賢治 at 17:36Comments(0)商品

2013年01月26日

新商品&追加商品




TTC訓練早見カレンダー



こんにちは!

本日は射撃技能向上訓練を実施します(^_-)

その他、CQB自主トレで施設レンタルの方もいらっしゃいます(^O^)/

皆さん!ヤル気が凄いです!!!

TTCとして嬉しい限りです(^-^)


それでは「新商品&追加商品」をお知らせします。

まず最初にコチラ

新商品です!



写真が小さいですが、こちらは、

「TUFF 3 Preloaded Flex Cuff」

いわゆるカフホルダーですね(^_-)

3本のハンドカフが携行できます!

ハンドカフのためのホルダーはなかなかないので珍しい一品です(^-^)

お求めはコチラ⇒TUFF 3 Preloaded Flex Cuff



続いて、

追加商品



「TUFF レンジバック CB」

再入荷いたしました!

以前、入荷した際、瞬時に売り切れました商品です。

この度も2つしか入荷出来ませんでしたので、早い者勝ちになっちゃいます<(_ _)>

いろいろとアクセサリーがついてますので、自分用にアレンジしてお使いいただけます!!

お求めはコチラ⇒TUFF レンジバック CB



最後に、

アウトレット商品です。



「TUFF レンジバック BK アウトレット」

実は、これまでレンジバックにはCB(コヨーテブラウン)色しかなかったのですが、ついにブラックが登場!

でも・・・

すみません<(_ _)>

アウトレット商品です・・・

とはいえ、機能は全く問題ないものです。

どの部分に不具合があるのかは、永田市郎氏公式ブログ「TACTICAL LIFE」でご確認ください!

TACTICAL LIFE

アウトレット商品と言うこともあり、お値段もリーズナブルな価格となっております。

ご興味のある方はコチラ⇒TUFF レンジバック BK アウトレット




今後の一押し訓練

1月一押し訓練


1月12、13日(土、日) 09:00~

戦術集中特別訓練




2日間に亘り戦術訓練を実施します。

1日目は射撃関連、CQB概説やエントリー方法、その他、といった内容を訓練し簡単な想定訓練を実施します。

2日目は想定訓練を主に実施します。

本来であれば1日で実施することを倍の時間をかけて深く掘り下げていきます。

そうすることで理解度は格段に上がり、次のステップに進めるでしょう。

いつもの戦術訓練を足し算とするならば、この2日間は1以外の整数の2乗であるといえるでしょう。

詳細はコチラ⇒戦術集中特別訓練



1月26日(土) 10:00~

射撃技能向上



詳細はコチラ⇒射撃技能向上




1月27日(日) 09:00~

野戦基礎特別訓練



詳細はコチラ⇒野戦基礎特別訓練



その他、定期訓練もガンガン開催しておりますので下記「TTC訓練早見カレンダー」をご覧ください!!


■田村装備開発ホームページ→http://tamurasoubi.co.jp/

■田村装備開発オフィシャルブログ→http://tamura.militaryblog.jp/

■TTC所在地→埼玉県東松山市大谷4145-53

■田村装備開発連絡先
 ・TEL:0493-36-1255
 ・e-mail:shop@tamurasoubi.com
  

Posted by 長田 賢治 at 09:47Comments(0)商品

2013年01月24日

射撃技能向上訓練




TTC訓練早見カレンダー



こんばんは!

先週、私は風邪をひいて寝込んでおりました。

お恥ずかしい限りです(^_^;)

みなさんはお元気でしょうか?

インフルエンザも流行っているようですので気を付けて下さい!


今週末は、久しぶりの「射撃技能向上」!!

撃ちます(^O^)/

撃って頂きます\(^o^)/

腕あげていただきます!!!!!


この訓練は、公務に就かれている人!サバゲで強くなりたい人!!どなたでも射撃が上達します(^_-)

多くの方がお越しになることを楽しみにしております(^v^)






今後の一押し訓練

1月一押し訓練


1月12、13日(土、日) 09:00~

戦術集中特別訓練




2日間に亘り戦術訓練を実施します。

1日目は射撃関連、CQB概説やエントリー方法、その他、といった内容を訓練し簡単な想定訓練を実施します。

2日目は想定訓練を主に実施します。

本来であれば1日で実施することを倍の時間をかけて深く掘り下げていきます。

そうすることで理解度は格段に上がり、次のステップに進めるでしょう。

いつもの戦術訓練を足し算とするならば、この2日間は1以外の整数の2乗であるといえるでしょう。

詳細はコチラ⇒戦術集中特別訓練



1月26日(土) 10:00~

射撃技能向上



詳細はコチラ⇒射撃技能向上




1月27日(日) 09:00~

野戦基礎特別訓練



詳細はコチラ⇒野戦基礎特別訓練



その他、定期訓練もガンガン開催しておりますので下記「TTC訓練早見カレンダー」をご覧ください!!


■田村装備開発ホームページ→http://tamurasoubi.co.jp/

■田村装備開発オフィシャルブログ→http://tamura.militaryblog.jp/

■TTC所在地→埼玉県東松山市大谷4145-53

■田村装備開発連絡先
 ・TEL:0493-36-1255
 ・e-mail:shop@tamurasoubi.com
  

Posted by 長田 賢治 at 17:33Comments(0)訓練

2013年01月23日

2月訓練予定!

1月も終わり間近という時に、久しぶりのブログです(^_^;)

皆様!今年も宜しくお願いします<(_ _)>

早速ではありますが、2月の訓練予定を弊社ホームページトップのNEWS欄にアップしております!

是非、ご確認ください(^_-)


簡単ではありますが、以上です。

宜しくお願いします<(_ _)>


追伸
2月10日(日)は、ロウライト基礎特別訓練を実施します!!  
Posted by 長田 賢治 at 12:23Comments(0)