QRコード
QRCODE
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 43人
プロフィール
長田 賢治
長田 賢治
■1970年代中ごろ、本州西側で誕生しました。
■幼少の頃から変わり者で、道路があったら真中は歩かず白線や路側帯の上、道路から外れたところを歩くような性格でした。
■少年時代は、ドラクエばかりしていた記憶があります。
■そのまま大きくなり某組織に就職。
■両親のお陰で耐久性だけは人一倍強い体であった為、キツイ事ばかりやっていました。
■30才を機に転職。
■営業職として勤務していた時にタムヤンに出会い田村装備開発(株)に入社
■現在に至る

2012年02月16日

結び教室(2)答え合わせ

結び教室(2)答え合わせ

こんばんは!!

皆さんお元気ですか?

けぢはいつもの通り元気です!


それでは、『結び教室(2)』の答え合わせをしたいと思います。

まず最初にこの結びを知っていますか?

結び教室(2)答え合わせ

この結びは、止め結びといいます。

「誰もが知っている結び」というような感じでネットに載っておりました。

この止め結びを良く覚えておいて下さい!


では、分かりやすく説明しながら答えをお教えします!

知っている人も、もしかしたら「へぇ~!」って言う事があるかもしれませんから最後まで見て下さい(^_-)


まずはヒューラー結び

結び教室(2)答え合わせ


これを少しずつ分解してみます。

結び教室(2)答え合わせ

赤テープがついている所がロープの端末です。

端末から解いています。


次!

結び教室(2)答え合わせ

端末の方が一直線になりましたね!

肘掛がなければ「引き解けヒューラー結び(*1)」です。
*1、私が参加したレンジャー訓練では「引き解けヒューラー結び」と呼んでおりました。その他の名前がある場合はそちらでも全く構いません。


もっと端末を解いてみると!

結び教室(2)答え合わせ

止め結びになりました(^O^)/


ということで、止め結びから作ると閉鎖した場所にヒューラー結びが作れるんですね~(^_-)

「そのくらい知ってるよ!」って声がちらほら(^_^;)


では、ブログをご覧の方でヒューラー結びを止め結びから作る方はどのくらいいらっしゃいますか?

たぶん、そんな人はいないかめちゃくちゃ少ないと思います。


実はヒューラー結びは日本名で「二重(ふたえ)止め結び」というそうです。


ヒューラー結び自体を1つの結びとして憶えてしまいますと応用が効きにくくなります。

ヒューラ結びは止め結びから作れる事を知り、日本名では「二重(ふたえ)止め結び」というってところまで知っていればいかようにも応用できると思います。

ということで、答えはお分かりいただけましたでしょうか(^_-)

今後、結びの難易度がどんどん上がっていきますから楽しみにしておいて下さい(^O^)/


それでは、ヒューラ結びが日本名で二重止め結びというのを今日知ったけぢでした(^_^;)



■田村装備開発ホームページ→http://tamurasoubi.co.jp/

■田村装備開発オフィシャルブログ→http://tamura.militaryblog.jp/

■TTC所在地→埼玉県東松山市大谷4145-53

■田村装備開発連絡先
 ・TEL:0493-36-1255
 ・e-mail:shop@tamurasoubi.com



TTC訓練早見カレンダー






同じカテゴリー(結索)の記事画像
結び教室(5)
結び教室(4)答え合わせ
結び教室(4)
結び教室(3)答え合わせ
結び教室(3)
結び教室(2)
同じカテゴリー(結索)の記事
 結び教室(5) (2012-04-21 12:46)
 結び教室(4)答え合わせ (2012-03-04 12:49)
 結び教室(4) (2012-03-02 13:44)
 結び教室(3)答え合わせ (2012-02-24 13:38)
 結び教室(3) (2012-02-23 16:51)
 結び教室(2) (2012-02-16 09:56)

Posted by 長田 賢治 at 18:02│Comments(5)結索
この記事へのコメント
一時間かけて自力で発見研究しました!←遅

ヒューラ名前しか知らなかったもので…エッ
分解して一本でやる方法模索しましたが、全く同じでよかったです♪
これはもやいなんかよりもずっと丈夫なんですか?
Posted by Legend at 2012年02月16日 18:37
結びを英語でやってると日本語に直すのがとても苦労します。

 最近はだいぶ慣れました^^/

翻訳辞典作ったら面白そうですよね!

 
Posted by seaman at 2012年02月16日 19:31
Legendさん>

「自力で発見」素晴らしいです!

結びを覚えるには一番良い方法です!!

ヒューラ結びは強い力で引っ張ってしまうと解くのが大変です。

なので、8の字ヒューラ結びなどヒューラ結びより解きやすい結びを使います。

クライミングをする人たちは基本8の字ヒューラ結びを使います。

もやい結びもとても解きやすい結びです。

結ぶのに少し手間ですが!

こんな感じです!


seamanさん>

私は日本語名の方が親しみがあるんですがね(^_-)

社長タムヤンはよく英語名を言うので最近覚えてきました!

どちらも憶えておいたほうが良いでしょう。

潜入上級者ですからね^m^
Posted by けぢけぢ at 2012年02月16日 23:04
はじめまして。
こういう解説はとても参考になります。ロープワークの
本(かなり古い)も持って眺めたりしますが実生活で
使っていない分なかなか覚えない(汗)・・・
PC上で見やすく解説されていると検索も早いので
うれしいですね。もっといろいろ教えてください!
(本当は体で覚えないとダメなんですよね。
でも、仕事で必要性でもないかぎりなかなか・・)
Posted by センセ at 2012年02月17日 11:16
センセさん>

コメントありがとうございます!

とても嬉しいお言葉を頂戴しました(^-^)

今はまだ基礎的な結びばかりですので、なかなか覚えにくいかもしれませんが、段階的に実施して頂き、実用的な結びもお伝えできればと思っております!

これからも宜しくお願いします。
Posted by けぢけぢ at 2012年02月17日 12:51
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。